.me

アイドル、マンガ、音楽。

舞台「僕らの未来」感想

舞台「僕らの未来」を観劇しました。

 

www.nelke.co.jp

 

加藤和樹さん、河合龍之介さん、鎌苅健太さんの3人といえばテニミュの初代氷帝学園

私はリアルタイムではなくて3年前に突然テニミュ1stにハマってしまった非常に稀なタイプだと思うのだけど、それでもお三方が揃って舞台に立つ瞬間を見たくて張り切ってチケットを予約。

 

和樹さんは1789、河合さんは生執事TotC以来で、距離の近さにまずびっくり!そしてマイク通さない声が聞けることに再びびっくり!それから近くの通路がキャストが行ったり来たりするのに使われて、至近距離でお顔を見れてラッキーでした…。

 

和樹さんはスコーン!と通る声ではないけれど、聞いてて心地良い声だな…と。通路を小走りしながら放った「え!?迷子!?」て台詞(もしかしたらアドリブ?)のトーンがツボすぎて好き!!!ってなりました。

10年前の回想シーンで、他の二人を眩しそうに見つめる表情が切なくて。

最後まで彼が本当はどんなことを思って、何で日本に帰ってきたのかわからなかったけど(本当にビザの更新のためだけだったのかもしれないけど)、彼もきっと寂しかったんじゃないかな。

 

河合さんはとにかくトーンが自然体で素敵だった。(最近ミュージカルばかり見てたせいかとても新鮮だった)3人の中で唯一会社員の役だったけれど、いちいち共感しちゃって辛かったなあ、希望した部署に配属されないとか、それでもそこそこやり甲斐は感じれるとか…。でもこんなにカッコいい33歳はいません、スーツ姿が超格好良かった!

 

けんけんさんの生お芝居は初めて見たのだけど、想像通りキラッキラしてた!笑顔とテンションとテンポが素敵だった。コメディドラマにおける生田斗真みたいなテンポの良さ(?)(伝われ)そして自然体。

 

なだぎさんは本当に面白かった、パスタマスターはずるい!なかなか子供に歩み寄れない気の弱い優しいパパ、超はまってました。

しおんさんはやっぱり若い!! イマドキの若者ってこういうところあるよねー、めんどくさいなーと思いながら見てました。笑

他の4人が本当にナチュラルな演技をされるのでちょっとアニメっぽいかな?と思ったけど、ツンケン感を出してたのかな?ギター弾くシーンはすっごく好きでした。

 

「MAPS」を見たときのように自分の人生について考えるような内容で、

私もまだまだ頑張ろう!!変わりたい!!!と思った矢先、

彼氏にフラれ、(笑うところ)

タイミングの良さに笑っちゃって、

むしゃくしゃしたのでもう一回チケットを買っちゃいました。ほぼノリ。

 

2回目はバルコニー席でしたが、1回目の時には見れなかった表情が見れて大満足でした!ラストシーンでけんけんさんがボロボロ泣いていてもらい泣きしそうに…。後のトークショーで「堪えきれなかった、ごめん」って言ってたなあ、ううう。

 

そうそう、トークショーはただの同窓会ではなく各々の仕事観だったり人生観が垣間見えて面白かったです。

 

2018年最後の観劇がこの舞台で良かった。

project K 第2弾も観れますように…。